Electro Harmonix ベースシンセ Bass Mono Synth を発売!

エフェクターメーカーの雄、Electro Harmonixがベースシンセペダル、bass mono SYNTHを発表しました。もちろん既に発売されているSynth9とは異なるペダルです。

Growl, Unison, Subなどの11のプリセットモードを搭載しており、調整を保存することももちろん可能。エクスプレッションペダルを利用したプリセットに応じたパラメータをコントロールできます。

創設者であるマイク・マシューズによると、「鋭く、パーカッシブで豊か、そしてウォームなサウンドが得られる」とのこと。

音色をダイレクトに加工するタイプなのか、ピッチを検出してトリガーにするタイプなのかは判明していませんね。しかし現代に出るプロダクトなので、前時代のベースシンセの欠点である反応の悪さ、エラーの多さを解決したプロダクトであることを期待します。(動画を見る限り良さそうな気がしますね)

※2/14 追記 本モデルはピッチを検出して音源を鳴らすタイプのようです!

こちらで予約受付中です!

Electro Harmonix Bass Mono Synth【予約受付 3月下旬入荷予定】

楽天検索:Electro Harmonix Bass Mono Synth

Amazon検索:Electro Harmonix Bass Mono Synth

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!