MU-FX / Tru-Tron 3X

こんにちは、嵯峨駿介です。

 

今回はレビューです。

最強のオートワウを紹介しようと思います。

 

MU-FX Tru-Tron 3X

 

70年代に発売されたオートワウの名機、MU-TRONの正真正銘の後継機です。

 

MU-TRON、僕たちベーシストみんながすんごく憧れたペダルだと思います。

MU-FX : Tru-Tron 3X 機材レビュー4

 

Tru-tronはMU-TRONの開発者であるマイクビーゲル自らが回路設計を手がけています。

 

そんなわけで、まさに正真正銘の後継機、なわけです。

 

筐体は一回り小さく。音量は調整可能に、原音をミックスするMIXモードを追加、とより実用的でミュージシャンのためのアイテムに進化しました。

 

4つのつまみと3つのスイッチで操作するTru-Tronですが、見た目ほど操作は難しくありません。

 

MU

エンベロープの感度、レベルの調整。

PREとの間にあるMU-PREスイッチがPREの時はこのつまみは感度の調整のみの機能となります。

 

PRE

これはMU-TRONにはなかった機能で、MUで決めたサウンドの音量を調整します。

このつまみはMU-PREスイッチがPRE側の時に有効になります。

MU-PRE Switch

このスイッチでMUつまみの機能を切り替えます。

MU側の時には感度と音量、PRE側の時にはMUで感度を、PREで音量をコントロールできます。

現代的ですね。

 

PEAK

いわゆるQです。

 

MODE

このスイッチでレンジを切り替えます。

LPはローパス、PEAKで設定した値よりも高い周波数が減衰します。

BPはバンドパス、PEAKで設定した値付近以外の周波数が減衰します。

HPはハイパス、PEAKで設定した値よりも低い周波数が減衰します。

そしてMIXが原音を混ぜる設定です。新しい機能ですね。

 

DRIVE ENVELOPE SWITCH

アップではおなじみのオートワウサウンド、ダウンではブーツィーのあれ。

どちらのモードも良いのですが、特にダウンのモード、ぐっときます。よくデザインされてます。

 

RANGE FILTER SWITCH

エフェクトをかけるレンジの設定です。

通常の使い方だとほぼLOWの選択になると思います。

 

 

エフェクトのオンオフはLEDの色で判断します。

 

オフは緑

 

オンは青

 

こういうとこほんと良くないですか?

 

サウンドは超ナイス。超ゴキゲン。

あえて僕からの説明はなしで、大先輩ベーシスト鈴木渉さんの試奏動画をどうぞ。

 

 

ベーシストには一度試してみてもらいたいと思って紹介しました。

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!