スクワイヤのベースの歴史や特徴、おすすめのモデル紹介

新しいベースや最初の1本を探していると必ず一度は目にするブランド、スクワイヤ。

ロゴに”by Fender”と表示されている通り、フェンダーの傘下ブランドであり、フェンダーらしさのあるスタンダードなモデルも多くラインナップされているので、興味を惹かれる方も多いかと思います。

コスパがよい、初心者の選ぶ一本目に良いと言われたりする反面、作りがよくないなどユーザーの評価が賛否両論でよくわからない部分も有ると思います。

そんな方のために、ここではスクワイヤというブランドの成り立ち、スクワイヤのベースの特徴や、特に初心者におすすめのモデルをご紹介します。

スクワイヤとは?ブランドの成り立ちと立ち位置について


日本製の安くて高品質なコピーモデルに対抗するため、1982年にフェンダー社が日本国内で販売するためのブランドとして「スクワイヤ」を創設しました。

創設当初は日本国内での製造・専売でしたが、その後は製造拠点を海外に拡大して全世界に向けて販売されるようになり、フェンダーの廉価版ブランドとして広く知られています。

廉価版とはいえ、スクワイヤは正式なフェンダーの傘下ブランドなので、フェンダーが商標登録している「プレシジョンベース」や「ジャズベース」といったモデルをラインナップしています。

他のメーカーではこれらの名称は使えませんので、リーズナブルに本物を手に入れることができる、ファンにとってはありがたいブランドともいえます。

スクワイヤのベースの特徴


フェンダーのスピリッツと、幅広いジャンルに対応するトーン・演奏性を持ちながら、価格は全体的にリーズナブルなモデルであることが特徴のスクワイヤ。

その中でもグレードやコンセプトごとに、いくつかのシリーズに分かれています。

Classic Vibe

代表的なフェンダーのモデルを洗練しつつ再現した、スクワイヤの最上位シリーズ

Vintage Modified

ヴィンテージのエッセンスを残しながら、現代的な仕様の改造を加えた趣向が特徴のシリーズ。

Affinity

スタンダードな仕様で、品質を保ちつつも価格はリーズナブルに抑え、コストパフォーマンスに優れたシリーズ。

上記のようなシリーズの違いにより、仕様や加工・仕上げの丁寧さにも差があります。

同じスクワイヤというブランドに対して評価が分かれるのは、こうした理由があるのではないかと思われます。

初心者におすすめのスクワイヤベース


スクワイヤのベースのラインナップには、スタンダードな方向性のモデルが多いので、初心者が選ぶベースに最適です。

とりあえず始めてみたい人、それなりに本格的に使いたい人などプレイのレベルによって選択肢は変わりますが、ここではおすすめのスクワイヤベースをご紹介します。

Squier Affinity Jazz Bass


エレキベースの代名詞といっても良いフェンダーの名器「ジャズベース」の雰囲気やサウンド特性をそのままに味わえる、コストパフォーマンスが高いモデルです。

特徴の一つである、2基搭載されているシングルコイルピックアップは、中域・高域のサウンドがハッキリしていて、音抜けが良いのが特性です。

ボディバランスの良さや、ネックのグリップが細身で握りやすく演奏性が高い点など、初心者にとって使いやすく、音楽ジャンルを問わずに選べる1本です。


Squier Affinity Precision Bass

こちらはもうひとつのエレキベースの代表格「プレシジョンベース」を源流とした、ハイコストパフォーマンスなモデルです。

プレシジョンベースタイプのピックアップが持つ太いサウンドに、ジャズベースタイプのピックアップが持つタイトなサウンドをミックスできるPJタイプと呼ばれるレイアウトを採用し、それぞれ独立したボリュームコントロールを搭載しています。

これにより幅広いサウンドを作り出すことができるのが特徴です。

ルックスとサウンドから、主にロックのプレイヤーに好まれていますが、それに留まらないポテンシャルを持つモデルです。


Squier SQ CV 70S JAZZ BASS


スクワイヤの最上位モデル・Classic Vibeシリーズにラインナップされている、70年代のフェンダー・ジャズベースの仕様を再現したハイクラスな1本です。

ヘッドのロゴ、ブロックインレイ、ヴィンテージ風にグロスフィニッシュされたネックなど、フェンダーフリークも納得のルックスとなっています。

このクラスになってくると細かい部分の作りも良く、上級者でも十分長く使っていけるパフォーマンスを持ったモデルです。


Squier Contemporary Active Jazz Bass

フェンダー直系のクラシックなジャズベースに現代的なアレンジを加えた、少し変わり種の高級モデルです。

ピックアップにハムバッカーを採用、9Vアクティブプリアンプを搭載し、低域から高域まで広くカバーする力強いサウンドを手元でコントロールできる優れものです。

9V電池が必要で、ジャックにケーブルを差すと通電する仕様なので電池の消耗は最小限です。

ボディとヘッドのカラーを合わせたマッチングヘッドにメイプル指板と、ルックスも独特の魅力があります。


Squier Bronco Bass

スクワイヤのベースラインナップの中では最安値となる、軽量・コンパクトでシンプルなモデルです。

ネックにショートスケールを採用しているので、手の小さな人にも運指がしやすいという利点があります。

シングルコイルピックアップ1基搭載という潔い仕様で、太く音圧感のあるサウンドが特徴的です。

独特のボディ形状が醸し出す可愛らしいルックスとサイズ感で、女性にも人気です。


まとめ

スクワイヤの成り立ちとベースの特徴、おすすめのベースを紹介しました。

スクワイヤに集まる評価はさまざまですが、フェンダーに憧れる初心者の方にはぜひ一度は試してほしいブランドです。

中級社以上の方も、所詮廉価版ブランドと敬遠せずに触れてみて、フェンダー直系のサウンドを手軽に手に入れてみてはいかがでしょうか。

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!