デジマートの真実

こんにちは、嵯峨駿介です。

 

突然ですが

 

デジマート、使いこなしてますか?

 

 

デジマートはリットーミュージックが運営する楽器屋さんが作るカタログのような、

 

「うちにはこんな楽器がありますよ」

「こんな楽器が入りましたよ」


 

 

という各楽器店の自己紹介のようなサイトです。
写真の撮り方から説明文の書き方から、各店の特徴が出ます。

 

このデジマートの大きな特徴の1つは優秀な検索機能ではないでしょうか。

色、弦の数、PUのレイアウト、様々な検索方法が用意されています。

さすが楽器専門サイト、ニッチなニーズにもしっかりとこたえます。

しかし、この検索機能、データが多すぎる故の欠点があるのです。

 

それは何かというと、

 

 

アップする側がそれらを入力しなければ検索には引っかからない

 

ということです。
商品をアップする側としても出来るものならすべての情報を入力してわかりやすい商品ページを作りたい、が、

 

楽器店の店員は実店舗での接客と並行しながらウェブにアップするために撮影、説明文入力……と、様々な作業を行わなければなりません。

そうすると1つの商品に対してかけられる時間がどうしても少なくなってしまいます。
そうした時に、「弦の数」や「カラー」などの商品をアップする際に必須項目ではない部分は省略してしまいます。

つまり、「赤」「4弦」「ベース」で検索した場合、楽器店がカラーは赤、弦の数は4と入力したベースしか検索に引っかかりません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そこまで指定していないベースは検索から漏れてしまうわけです。

 

新品 エレクトリックベース メーカー

程度しか入力しない楽器店も多いと思います。
(担当者レベルの違いではありますが。)

 

ですので何かを本当に探したい時は詳細な検索は避けたほうがいいわけですね。
デジマートに登録されているベースを全て見る、くらいの勢いです(笑)

そうすると多いも寄らぬ掘り出し物を発見することもあると思います。

またひとつ、デジマートの醍醐味です。

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!