ベース弦のゲージ(太さ)の違いやそれぞれのメリット デメリット

こんにちは!Geek IN Boxの嵯峨です!

 

ベース弦太さってかなり多くのバリエーションがありますよね! でもみなさん結構適当に、なんとなく選んでませんか?

今回は弦のゲージに注目して、サウンドや演奏性について解説しようと思います!

 

弦についてはコチラの記事もオススメです!

ありすぎてわからない?ベース弦を選ぶための知識

 

目次

  • .045?.065?そもそもこの数字はなに???
  • ライト、ミディアム、ヘヴィ、様々なバリエーション
  • 太い方が低音が出る?ゲージによってかわるサウンド
  • 細い方が弾き易い?ゲージによってかわる演奏性
  • ゲージを変えたらベース自体の再セットアップが必要かも?
  • まとめ

 

 

.045?.065?そもそもこの数字はなに???

はい、一番よく分からない数字ですね。ヨンゴーロクゴーなんていいますが、これは当然太さ(直径)を指しています。

この数字はインチの表記になっていて、.045は0.045インチ、日本流でいうと1.143ミリです。

45-105セットをミリになおしてみると……

 

45=1.143mm

65=1.651mm

85=2.159mm

105=2.667mm

 

なんかそれっぽい気がしますね。

この 45 65 85 105 は一般的にレギュラーゲージとされています。

 

ちなみにパッケージ上の表記の仕方はまちまちで、「45 65 85 105」もあれば、「.045 .065 .085 .105」もあります。

 

ライト、ミディアム、ヘヴィ、様々なバリエーション

弦のゲージには太さによって様々なセットがあります。ダダリオを例にして名称別にゲージを一覧にしてみました。

 

EXTRA SUPER LIGHT – 35 55 75 95

SUPER LIGHT GAUGE – 40 60 75 95

CUSTOM LIGHT GAUGE – 40 60 80 100

REGULAR LIGHT GAUGE – 45 65 80 100

REG LIGHT TOP / MED BTM – 45 65 85 105

MEDIUM GAUGE – 50 70 85 105

HEAVY GAUGE – 55 75 90 110

 

これだけ有る中で、定番はREGUILAR LIGHTとREG LIGHT TOP / MED BTM、MEDIUM GAUGE程度で、当然楽器店では他のゲージはなかなか見つけられないでしょう。

 

ちなみにバランスドテンション、というものもあります。これは張力の差をなくし、均一な演奏性を得られるものです。

REGUILAR LIGHT GAUGEで比較すると、

 

普通のやつ    45 65 80 100

バランスドテンション 45 60 80 107

 

と、2弦は細く、4弦は太くなります。これだけ張力の差があるということですね。

ですので、最近の弦では更に細かいチューニングを施したものもあります。

 

例えば、

FBASS 5string set Perfectly Balanced Set

43 63 85 102 128

Ken Smith Taper Core MEDIUM 5strings

44 63 84 106 130

 

普段レギュラーしか使わない方には目から鱗かもしれません。オススメです。

 

 

太い方が低音が出る?ゲージによってかわるサウンド

太い方が低音が出る、そんな都市伝説がありますが、それはウソです。

確かになんかそんな気がしますけどね、強そうだし。でもウソです。

 

太い弦を張ることで、基音が強くなってサウンドの音程感や押し出し感が強くなります。

細い弦は逆で、倍音が強くなってきらびやかで抜けの良いサウンドになります。

 

例えばロックバンドでガンガンエイトビートを弾いて低音を支えるサウンドには太めのゲージ、スラップでタッピングなんかのトレブリーな部分が必要なサウンドには細めのゲージの方が適しているといえるかもしれませんね。

 

 

細い方が弾き易い?ゲージによってかわる演奏性

ゲージをかえると指に感じるテンション感が大きく変わります。

ですのでフィンガーでバキバキ弾き倒すなら柔らかめの細いゲージ、ピックでハードに弾き倒すなら太いゲージが適しているかもしれません。

 

メーカーによってテンション感は様々ですが、これをゲージで補正するのもありですね。

例えばエリクサーは少しテンション感が強いので、いつもよりも1つ細めのゲージをチョイスするといつものテンション感でプレイができます。

このようにイントネーションを補正するのも活用方法の1つです。

 

ゲージを変えたらベース自体の再セットアップが必要かも?

ゲージや弦の種類によって、オクターブ調整やネック調整をやり直す必要が出ることもありますが、大幅に変える(エクストラライト→ヘヴィ みたいな)ことがなければそこまで気にする必要はありません。

 

ただし、出来るだけ気にしなければならないのは、ナットの弦溝です。

これも似たゲージならそのままいけるパターンが多いものの、大幅に変える場合には弦溝を修正したいところです。

 

弦溝が弦にマッチしていないと、ビビったり、ぷぁ~んみたいな変な音が出たりします。

 

 

まとめ

ざっとまとめましょう!

太いゲージ → 基音が強くなる。テンション感がかたくなる。ダウンチューニングや8ビートピックガシガシ弾きにオススメ。

細いゲージ → 倍音が強くなる。テンション感が柔らかくなる。スラップやバキバキ弾き倒す指弾きにオススメ。

・大幅にゲージを変えたらナットの弦溝をチェック

 

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です