音楽好きに知ってもらいたい有名ベーシスト Vol.2 Divinity Roxx【次世代のセイベベ】

こんにちは!GIBの嵯峨です。音楽好きに知ってもらいたい有名ベーシストコラム、第一回はIda Nielsenを紹介しました。第二回の今回は、Divinity Roxxを紹介します。

余談ですが僕は音楽はほぼすべてAmazon Music Unlimitedで聴いてます! 平たく言うと宣伝なんですけど、それも運営には必要なところということで。今のキャンペーンだと3か月99円で聴き放題でかなり安いので、お試しあれ。おすすめです。
Amazon Music Unlimited 【1/4まで3か月間99円で音楽聴き放題】

見るからにファンキー姉ちゃんなわけですが、プレイはぶっ飛びファンキー。度肝を抜かれます。特に8分過ぎからの複雑なリズムでファンキーなベースとお経のようなボーカル。やばい。

彼女はアメリカ生まれの女性ベースプレイヤーで、活動は1993年にスタートしています。主なジャンルはロック、ヒップホップ、ソウル、ファンクなど。2006年から2011年にかけてはビヨンセのツアーにおいてベーシスト、そしてミュージックディレクターとして活動し、一躍名を上げました。

2000年頃にはヴィクターウッテンのNature Campに参加。キャンプ終了後ヴィクターは彼女をツアーに誘い、2000年から2005年にかけては活動を共にします。ヴィクターウッテンの作品、Live in America、Soul Circusにおいてはレコーディングにも参加しています。


WOOTEN, VICTOR


ソウル・サーカス

Warwickを使っていますがそのサウンドもナイス。

こちらは自身の楽曲。ヘヴィなファンクロック、ミクスチャーと呼ばれるスタイルですね。90年代のミクスチャームーブメントのど真ん中を行くようなサウンド。ベースは一貫してWarwick製のものを愛用しているようです。


The Roxx Boxx Experience [Explicit]


Impossible [Explicit]

楽天検索:Divinity Roxx

Amazon検索:Divinity Roxx

写真:Divinity Roxx

一覧はこちら コラム 音楽好きに知ってもらいたい有名ベーシスト

Amazon Music Unlimited 【1/4まで3か月間99円で音楽聴き放題】

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!