BOSSとJHSが共同開発!! JB-2 Angry Driver を発表

概要

文字通りコンパクトエフェクター業界のボス、BOSSと高品質なエフェクターの製作、モディファイを行うJHS pedalsが共同でエフェクターを開発、発表しました。

BOSSのコンパクトエフェクターは40周年を迎えますが、その最新モデルがこのJB-2 Angry Driverです。

BOSSを代表するドライブペダルであるBD-2 Blues DriverとJHS pedalsを代表するドライブペダルであるAngry Charlieを組み合わせて1台のエフェクターになりました。

Angry CharlieはBOSSにはないキャラクターを持っています。彼らはAngry Charlieとマッチングが良く、お互いのないところを補い合えるBOSSペダルを探しました。その結果、選べれたのがBlues Driverです。

運命的なことに、Blues DriverはJHS pedalsが最初に修理したペダルで、JHS pedalsの今を作ったきっかけであり、理由でした。

サウンド

2つのドライブが1つになったJB-2 Angry Driverは多彩な音色を持ちます。

例えば、パラレルで繋ぐと歪みのニュアンスを劇的に変化させることが可能で、シリーズで繋ぐと片方をブースター的に使うことが可能です。

ブーストからオーバードライブまでを補うBOSSモード、オーバードライブからディストーションまでを補うJHSモード、そしてハイゲインなAngry Charlieをローゲインを補うBlues Driverでなだめるような組み合わせのモードなど、合計6つのモードを備えてバランスに優れた1台のエフェクトペダルとして仕上がっています。

6つのモード

1 JHSモード

Angry Charlieをベースにしたハイゲインサウンド。ブリティッシュスタックアンプのように分厚いミドルが特徴的です。

2 BOSSモード

ピッキングニュアンスにセンシティブに反応する、ブルースドライバーをベースにしたサウンド。ゲインの可変幅が非常に特徴的。

3 JHS / BOSS モード

本体フットスイッチでJHSモードとBOSSモードを切り替えます。本体自体のオンオフはリモートスイッチを使います。

4 J>Bモード

JHS→BOSSの接続順で使うことができます。

5 B>Jモード

BOSS→JHSの接続順で使うことができます。

6 PARALELLモード

JHSとBOSSを並列に接続します。本体フットスイッチはJB-2のオンオフ、リモートスイッチはBOSSノオンオフです。

コントロール

BD-2、Angry Charlieそれぞれのためのドライブ、トーン、レベルと2つのキャラクターを組み合わせるためのモード、合計で7個のコントロール。

LEDはマルチカラーになっており、BD-2(青)、Angry Charlie(赤)、同時(紫)という設定です。

これらはフットスイッチで切り替えることが可能です。

ソース:BOSS

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です