フェルナンデスのベースの歴史や特徴、おすすめのモデル

X-JAPANのhideや布袋寅泰のギターなど、アーティストのシグネチャーモデルのギター・ベースでその名前をよく知られるブランド、フェルナンデス。

低価格帯からハイグレードなものまでバリエーションに富んだ、オリジナリティあふれるモデルを多数ラインナップし、国内のみならず海外でも高い評価を得ています。

ここではフェルナンデスのブランドの成り立ちや製品の特徴、販売されているベースの中でも初心者におすすめしたいモデルをご紹介します。

フェルナンデスとは


フェルナンデスは1969年に斉藤楽器として設立され、1972年に社名をフェルナンデスに変更、同年からエレキギターの販売を本格始動した、50年もの歴史を持つブランドです。

タイプ別にフェンダー系を「FERNANDES」、ギブソン系を「BURNY」と2つのブランド名義で展開しています。

設立当初はフェンダーやギブソンのコピーモデルを開発し、その高い品質でプレイヤーに大変高い支持を得ました。

ロゴまでそっくりだったため、フェンダーから厳しいクレームが入ったことは有名な話です。

1980年代以降オリジナル商品の開発にも注力し、スピーカー内蔵ギター「ZO-3」「サスティナー」搭載ギターなどの独創性に優れた商品を世に送り出しました。

アーティストモデルを多く手掛けていることでも有名で、X-JAPANのheath、10 FEETのNAOKIなどのベーシストのシグネチャーモデルもラインナップされています。

フェルナンデスのベースの特徴


フェルナンデスのベースはリーズナブルなものから高級なものまでバリエーションに富んでいます。

オリジナルシェイプのインパクトはなかなかのもので、ルックス面からハードロック・ヘヴィメタルのプレイヤーによくチョイスされている印象です。

多彩なコントロールスイッチを搭載したFJB-DLXシリーズ、ダウンチューニング用にスーパーロングスケールネックを採用したRSB-SLシリーズ、ミディアムスケールを採用しコンパクトにまとめたFRBシリーズなど、独自の観点で多彩なモデルを作り出しています。

初心者におすすめのフェルナンデスベース

多彩なフェルナンデスのベースラインナップの中から、ここでは低価格帯の製品を中心に、初心者におすすめするフェルナンデスのベースをご紹介します。

元の作りが悪くないため1本目のベースとしてだけでなく、自分好みの改造を加えて使うユーザーも多いようです。

1.FERNANDES RPB-360


ルックスから読み取れる通りの、フェンダー・プレシジョンべースタイプのコピーモデルです。

ピックアップはPBタイプ1基を搭載し、コントロールも1ボリューム・1トーンと非常にわかりやすく、初心者の方でも迷うことなく使い始めることができる、シンプルな仕様のモデルです。

実売は2万円台とかなり安い割に、フレットの仕上げ等も加工が丁寧だと評判です。


2.FERNANDES FRB-45M

こちらはフェルナンデスオリジナルシェイプのベースで、ボディはフェンダー・プレベタイプをよりシャープにしたような形状です。

弦の間隔を17mmと狭めることで、ギターから持ち替えても違和感なくプレイできるという弾きやすさにもこだわっています。

ピックアップレイアウトはPJタイプで、幅広い音作りをカバーします。

ネックはミディアムスケールを採用しているので取り回しが良く、弦のテンション不足によるビビリを防止するため、ヘッド部分にテンションガイドを装着しています。


3.BURNY TB-65

ギブソン系のベースを展開するBURNYブランドのラインナップで、ロック魂を掻き立てられるサンダーバードタイプのベースです。

マホガニーボディに本家とは違うメイプルのセットネック、ハムバッキングピックアップを2基搭載しているので、パンチのある低音が特徴となっています。

弦を裏通しするタイプのブリッジを採用しているので、弦のテンションを稼ぐことができているのもポイントです。

4.FERNANDES ZO-3 BASS


スピーカー一体型のギターとして有名なZO-3シリーズのベースバージョンです。

以前はPie-ZOというピエゾピックアップを搭載したモデルでしたが、完全にエレキベースとしてモデルチェンジしました。芸人のはなわさんがネタ中で使用していたことでも有名ですね。

ショートスケールを採用しているので体の小さい方や、女性でも弾きやすいでしょう。

少々オモチャ感はありますが、スピーカーからの出力だけでなく、アンプへの出力、ヘッドフォン出力のできる端子がついているので練習用にも最適です。


まとめ


国内メーカーとしては老舗でありつつも非常に独創的な感性で、ユーザー目線を持って楽器としての確かな使いやすさを追い求めているブランド、フェルナンデスについてご紹介しました。

これからもどのような工夫が凝らされた新製品が発表されるのか、非常に楽しみなブランドです。

初心者でも手の出しやすいリーズナブルなモデルが多くありますので、ルックスにもサウンドにもこだわる方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!