【レビュー】MOOER OCEAN MACHINE ディープな空間系ペダル

どうも! Geek IN Boxの嵯峨です! 最近金髪にしました! 普段は誰も触れてくれないけど、さすがに気持ち程度には「髪切った?」って言ってもらえて嬉しいです。切ったっていうか染めたんですけどね。

最近勢のある中国系ペダル、MOOERは間違いなくその手のペダルのハシリでしょう。そのMOOERがリリースした超多機能空間系マルチエフェクターがOCEAN MACHINEです。先日これに触る機会があったので(入荷しました)、レビューします。

概要

ムーアー オーシャンマシーンはデヴィンタウンゼントと共に2年以上の歳月をかけて開発されました。

超多機能空間系マルチエフェクターと言いましたが全くその通りで、リバーブと2つのディレイを同時にかける事ができます。もちろん繋ぐ順番も個別のオンオフもパッチ設定も自由自在。リバーブ、は9つ、ディレイは計15種類のエフェクトが収録され、全てのリバーブエフェクトにはStrymon Blue Sky Reverbが搭載し、爆発的な人気を誇ったシマーリバーブをかける事も出来ます。これらは24個までパッチとして自由に登録する事が可能です。

さらにタップテンポはもちろんフィードバックの持続やルーパーとしての機能も搭載。てんこもりの最先端空間系ユニットです。

操作性

PlayモードとPatchモードがあり、Playモードはマニュアル操作、Patchモードはパッチを呼び出して使います。一般的なマルチエフェクターに比べると、直感的案な音作りのためのUIになっており、3つのエフェクトそれぞれには専用の物理つまみを搭載。

リバーブ
R.Mix エフェクトのドライ、ウェットのミックス
Tone リバーブトーンの調整
Decay リバーブの長さの調整
Shimmer シマーエフェクトのミックス

ディレイ
D.Mix A(orB) ディレイレベルの調整
Tone A(orB) ディレイトーンの調整
Time A(orB) ディレイタイムの調整
FeedbackA(orB) フィードバックの長さの調整

マルチエフェクターでは物理ノブではなく、デジタルで中身をいじるUIが採用されることが多く、そこに拒否反応を示すプレイヤーも少なくありませんでしたが、OCEAN MACHINEはコンパクトエフェクターのように使えるのでこの点はコンパクト派にも受け入れられるのではないでしょうか。エフェクトタイプも豊富です。

Delay A : Digital、Analog、Tape、Echo、Liquid、Rainbow、Crystal、Low-Bit、Fuzzy
Delay B : Digital、Analog、Tape、Real、Dyna、Galaxy、Mod、Tri-Mod、Mod-Inv
Reverb : Room、Hall、Plate、Dist-Verb、FL-Verb、Filter、Reverse、Spring、Mod

オンオフはスイッチの周りのカラフルなLEDで判別できます。


端子類も過不足のない内容。

左から、EXP、input – LEFT(MONO)、input – RIGHT、output – LEFT(MONO)、output – RIGHT、MIDI THRU、MIDIIN、DCIN 昨今は高機能なスイッチングシステムも広まっているのでMIDIコントロールが導入されているのは高評価ですね!

サウンド

スタンダードなディレイエフェクトは一通り収録されておりちょっと変わったLow-BitやFuzzyモードも搭載。これらは数字やタップでテンポ設定が可能です。一般的なデジタルディレイと同じようにサウンドを作り込む事が可能でレンジは広く、中国系ペダルとは思えないサウンド。BOSSのような硬さや、Empressのような高い解像度のサウンドとは違う、独特のフワッとしたニュアンスがあります。

しかし、このペダルのキモはなんといってもリバーブでしょう!作りこんだディレイサウンドをリバーブでなめらかにするサウンド、音作りはOCEAN MACHINEならでは。

まとめ

実売価格は30000円弱と、Empress Super Delay(65000円前後)、Eventide TIME FACTOR(58500円前後)と比べて格安ながらも見劣りしない多機能さとUI、サウンドは必要十分なクオリティを満たしています。かなりエフェクティブに音を作り込む事も出来るので、シューゲイザーやノイズ系の音楽にもマッチングするでしょう。

塗装やツマミの質感も良く、全体としてとても好印象が持てる1台でした。店頭でみかけたらぜひ、弾いてみてください。

2017/7/28 追記
あまりにも素晴らしかったので新品の取り扱いを決定しました。

【new】MOOER OCEAN MACHINE

 

スペック

9 リバーブタイプ
15 ディレイタイプ
プリセット: 24
4 エフェクトモジュール: Reverb, Delay A, Delay B, integrated Looper
インプット: 1/4″ mono jack×2 (インピーダンス 1MOhms)
アウトプット: 1/4″ mono jack×2 (インピーダンス 100Ohms)
サンプリングレート: 44.1k
サンプリング精度: 24 bits
S/N: 96dB
電源: 9V 500mA DC (センターマイナス)
消費電流: 最大500mA
サイズ: 215mm×127mm×56mm
重量: 1.09Kg
種類:ディレイ、リバーブ(ギター用)
アダプター:9Vセンターマイナス
電池駆動:-

コントロール:Shimmer、Decay、Tone、R.Mix、FeedbackB、TimeB、ToneB、D.MixB、FeedbackA、TimeA、ToneA、D.MixA、Menu、Reverb、DealyB、DelayA、Backボタン、Settingボタン、Storeボタン、Presetボタン、Reverbフットスイッチ、DelayBフットスイッチ、DelayAフットスイッチ

人気のレビュー記事

【レビュー】fulltone BASS-DRIVE MOSFET

【レビュー】EBS MultiComp まるで魔法の箱? 通すだけで良い音に

【レビュー】BOSS MS-3 マルチエフェクトスイッチャーがBOSSから登場! 価格 や 機能 まとめ

【レビュー】ZOOM B3の後継機、B3nの機能やB3との違いについて徹底解説!

 

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!