StonedHz V2

StonedHz V2はモジュレーションサウンドファクトリーと呼べるエフェクトペダルです。

MN3207BBDチップを使用したアナログサーキットはあらゆる選択肢をミュージシャンに提供します。

シンセサウンドを彷彿とさせるような3つのLFOウェーブフォーム(スクエア、トライアングル、サイン)を搭載。

モジュレーションとしてはトレモロ、フェイザー、ピッチを可変します。

V2から搭載されたインプット、アウトプット端子はドラムマシーンなどに接続することを想定としており、ユニークなビートメイクに貢献します。

コントロール

  • Volume マスターボリュームの調整。
  • Mod depth フェイズ、ピッチモジュレーションのインテンシティの調整。
  • Clock BBDが動作する周波数帯の調整。
  • Feedback モジュレーション信号がインプットに戻る量を調整。最大にすると発振しやすくなります。
  • Speed LFOの周期の調整。最大にするとリングモジュレーションとして動作します。
  • W.D.(wave distortion) LFOのウェーブフォームの歪みを調整。
  • Trem depth トレモロの強さを調整。
  • Waveform toggle switch スクエア、トライアングル、サインからLFOのウェーブフォームを選択します。
  • Tap / ring toggle switch フットスイッチの動作を選択します。
  • Xp エクスプレッションペダルのインプットです。100kまでのタイプに対応。
  • Clk out 0-5Vのクロックを送信します。
  • Clk in 0-5Vのクロックを受信します。
  • W.D. ウェーブディストーションのために、0-5VのLFOシグナルを受信します。
  • Rate LDFのRateのために、0-5VのLFOシグナルを受信します。

5年間のメーカー保証つき

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!