ジャズベとプレベの違い

こんにちは、ギター屋さんの嵯峨駿介です。

 

世界中で長い間愛されているベース、ジャズベースとプレシジョンベース

 

これらって何が違うのでしょうか?

 

ピックアップ?ボディの形?ネックの太さ?

 

改めて確認してみましょう。

 

 

プレシジョンベースは1951年に発売され、それに続き1960年にジャズベースが発売されました。

 

ざっと特徴をあげてみましょう。

 

プレシジョンベース

  • 左右非対称のボディ
  • 太めのネック
  • 広めのナット幅
  • スプリットのピックアップがフロントに1発

 

ジャズベース

  • 左右非対称のボディ
  • 細めのネック
  • 狭めのナット幅
  • シングルコイルのピックアップが2発

 

ジャズベースはプレシジョンベースよりも後から発売されたということもあり、プレシジョンベースをより進歩させたベースとして改善しようとした意図が感じられます。

 

左右非対称のボディはより体にフィットし、細いネックはプレイヤビリティを向上させます。

 

 

見た目はともかく、気になるのはサウンドの違いです。

 

 

プレシジョンベースは高音弦側用と低音弦側用の2つのピックアップを直列に繋ぐことで、ノイズの少ないパワフルなサウンドになっています。

 

以前ピックアップの配線についてこんな記事を書いたのでよろしければあわせて!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピックアップの配線方法による音の違い

 

一方ジャズベースは2つのシングルコイルピックアップがフロントとリアに配置され、これらはパラレルで接続され、そのバランスを調整する事ができます。

 

これにより、ジャズベースはプレシジョンベースよりもワイドレンジなサウンドになっています。

 

2つのピックアップをミックスすると相対的にミドルが少しだけ凹み、スラップに適したサウンドを得やすいといえます。

当然ですが、2つのピックアップでハムキャンセル効果を得ているので、どちらかにバランスを傾けるとハムキャンセル効果は薄まり、ノイズが出ます。

 

 

ジャズベースとプレシジョンベースではこのピックアップの違いが最も大きな違いです。

 

 

プレシジョンベースは1つの弦を1つのピックアップで、ジャズベースは1つの弦を2つのピックアップで拾います。

 

これにより倍音構成やサウンドに大きな違いが生まれます。

 

 

2弦の1フレットのE♭でもしっかりと音楽的にサウンドする、プレシジョンベースの音の太さの秘密はここにあります。

 

なぜメーカーはジャズベースばかり5弦を作るのか、こんな事情もあるのかもしれません。

 

 

そんな違いも考慮した上で、ピックアップを選んだり、ジャズベとプレベを見比べてみてはいかがでしょう。

 

 

それではまた!

 

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!