米ALLPARTSが米LEO QUANを買収 オリジナルバダスブリッジが復活

ギターパーツの製造、供給最大手の米ALLPARTS Muic Corporationが米LEO QUANを買収したことを彼らのFBページで発表しました。

LEO QUANは最も有名なリプレイスメント用ブリッジの1つ、Badassシリーズを製造したことで知られます。

BadassシリーズはFlea(RHCP), Marcus Miller, Geddy Lee(RUSH), Steve Harris(Iron Maiden), などといったベーシストに愛用されてきましたが、製造上の理由からか現在では入手困難なものになっていました。

今回の買収で最も気になる点はBadassブリッジの製造再開についてですが、FBページ上では復活が宣言され、ALLPARTSのウェブサイト上には既にBadass Bass IIが掲載されています。


スクリーンショット – ALLPARTS

ソース:Allparts Music Corporation FB



大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!