バルトリーニ製プリアンプ まとめ

こんばんは、嵯峨です。すっかりベーシストたちのスタンダードとなったアクティブベースですが、その多くにはプリアンプが組み込まれています。

そのプリアンプの代表的なメーカーが、バルトリーニ(Bartolini)です。マーカスミラーのベースに組み込まれたのもバルトリーニ、MTDもペデュラもロスコーもバルトリーニ。多くのハイエンドベースブランドにおいてバルトリーニエレクトロニクスは圧倒的なシェアを持ちました。

そんなバルトリーニのプリアンプ、調べてみると種類がいくつかあります。どれを使えばいいのかよくわからないので、まとめてみました。

バルトリーニプリアンプの当店在庫はコチラ→CLICK

TCT系

TCT系には3つの種類があります。それらの違いはミドルの可変周波数帯の違いです。

TCT

Treble  4kHz
Middle 300Hz
Bass 30Hz

NTCT

Treble 4kH
MIddle 400Hz
Bass 30Hz

XTCT

Treble 4kHz
Middle 500Hz
Bass 30Hz

見ての通り、ミドルの可変周波数帯を100Hzずつずらしてあります。マーカスが使っているのはTCTなんだとか。ちなみにミドルは基本的にカットのみ、ベースとトレブルは±13dbの可変です。

(アタッチメントをつけることでミドルのブーストも可能になります。)

バルトリーニプリアンプの当店在庫はコチラ→CLICK

NT系

NTMB

Treblle 10kHz(±16db)
Middle 250Hz/500Hz/800Hz
Bass 30Hz(±15db)

NTBT

Treble 10kHz(±18db)
Bass 30Hz(±18db)

NTMBは3バンド、NTBTは2バンドです。NTMBはミドルの可変周波数帯を3つから選ぶ事が可能です。(ミニスイッチで切り替える事も可能です)

TCT系よりも高域の可変周波数帯が高いので、スラップで特徴となる部分よりももう少し高い音域をコントロールする事になります。また、NTBTはブーストカットの幅が広いので非常にパワフルなサウンドになります。

サウンドについて

TCTが鋭いサウンドを持つのに対し、NT系は太く力強いサウンドを持ちます。ですので、TCT系はJBスタイルの楽器に、NT系はより広いレンジを持った多弦ベースとの相性が良いと言えるでしょう。実際に、ジャズベースにTCT系のプリアンプを搭載するのは大定番のカスタムで、当店でもそのような依頼を頂くことは多いです。

ピックアップにも共通して言えることですが、バルトリーニの製品はディープなローエンド、ふくよかなミドル、スムースなアタック、を持ちます。ハッキリとしたキャラクターを持っており、そのキャラクターは多くのベーシストの信頼を集めています。

バルトリーニプリアンプの当店在庫はコチラ→CLICK

バルトリーニプリアンプの当店在庫はコチラ→CLICK

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!