音楽好きに知ってもらいたい有名ベーシスト Vol.16 MonoNeon(モノネオン)

GIBの嵯峨です!本コラムでは僕が音楽好きの方に知ってもらいたいベーシストを紹介しています! コラム一覧はこちらからどうぞ!(コラム 音楽好きに知ってもらいたい有名ベーシスト

第15回の今回は世界中のベーシストが今最も注目しているベーシスト、MonoNeon(モノネオン)です。

正確なタイム感、強靭なピッキングが素晴らしい。

彼の本名はDywane Thomas Jr.、1990年アメリカ生まれです。

Princeが最期に仕事を共にしたミュージシャンの1人としても知られ、グラミーアーティストであるNe-Yoのスタジオ作品にも参加しています。

頭角を現し始めたのは2000年代終盤で、2009年にアンドリュー・ゴーシェ、アドリアン・フェロー、ヤネク・グウィズダーラ、ロバート・”バビー”・ルイスらと共にGospel Chops Bass Sessionzに参加。

ソロアルバムとしては2012年にDown-to-Earth Art、2013年にはSouthern Visionaryを、Mononeon名義でリリースしました。


制作物の多さは彼の特徴の1つで、2010-2019年の間に20近いアルバムを制作しています。

彼はクォーターノートを操るミュージシャンとしても知られており、それに対応したベースをCallowHill Guitarsが製作しています。

フレットの多さが見てわかると思います。倍ですからね。

彼は右利きですが、見ての通りレフティのスタイルで演奏しています。

使うベースは右利き用のものをひっくり返した状態なので、低音弦は下に、高音弦は上にあります。(ジミー・ハスリップのように)

このため、特にスラップサウンドは超ユニーク。上下逆なので高音弦はサム、低音弦はプルになっています。

人の言葉を真似したベースプレイもYoutubeには多数投稿されています。これは途中からコードとビートが入り、声をサンプリングした音楽になっています。(すごい)

間違いなく次世代のベースヒーロー、要注目です。

彼のSNSも要チェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

MonoNeonさん(@mononeon)がシェアした投稿



ソース:

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!