James Jamerson所有のフェンダープレシジョンベースがオークション出品

Motownを支えた天才ベーシスト、ジェームス・ジェマーソン(James Jamerson)が所有していたとされる1961年製フェンダージャズベースがオークションにて落札されたことが話題になっています。

こちらは彼が1962年頃から1968年頃まで所有し、その後はデトロイトのビリー・ヘインズにわたったとされています。

ヘインズはジョン・リー・フッカーといったミュージシャンとのギグで本ベースを使用しています。

ジェマーソンは弦を替えないことで有名です。

このベースの弦がいつ張られたのかは気になるところですが、ヘインズはG弦のみを交換しただけでベースにはオリジナルのラベラ製フラットワウンド弦が張られているとのこと。


気になる落札価格は68,750USD(約745万円)。

ジェマーソンのベースではFunk Machineが最も有名ではありますが、こちらは盗まれたまま行方がわかっていません。

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!