スタンリー・クラークがストラトキャスターをモチーフにした新たなベースを開発中

Bass Guitar MagazineのJoel Mclverによるインタビューで、Return To Forever、SMVをはじめとした数々のセッションワークで圧倒的な力を発揮してきたレジェンドベーシスト、スタンリー・クラークがフェンダーと共に新たなモデルを開発していることがわかりました。

画像からはストラトキャスターのスタイルをモチーフに、彼の愛用するアレンビックのように短いスケールが採用されているように見えます。

インタビューによると、長い間アレンビックを演奏しながらもニューヨークの友人の会社であるSpellbinderと共に新しいベースの開発をし続けており、そのプロトモデルをフェンダーに持ち込んだとのこと。

特徴としてはジミ・ヘンドリックスのようなリバースのヘッドストックによってE弦が長い弦長をもたせられており、「弾くとそれはわずかに緩く、サウンドは少し違う。そしてクールなベースサウンドだ」と本人は解説しています。

フェンダーからの詳細なプレスリリースが待たれます。

冒頭の画像の撮影はRaj Naik
ソース:https://www.musicradar.com/

EBS Stanley Clarke Signature Wah-Wah 新品 ワウペダル[スタンリークラーク][Bass,ベース用][Effector,エフェクター]


スクール・デイズ(期間生産限定盤)

 

楽天検索:スタンリー クラーク

amazon検索:スタンリー クラーク

 

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!