音楽好きに知ってもらいたい有名ベーシスト Vol.8 Etienne M’ Bappe

GIBの嵯峨です!本コラムでは僕が音楽好きの方に知ってもらいたいベーシストを紹介しています! コラム一覧はこちらからどうぞ!(コラム 音楽好きに知ってもらいたい有名ベーシスト) 余談ですが僕は音楽はほぼすべてAmazon Music Unlimitedで聴いてます! 平たく言うと宣伝なんですけど、それも運営には必要なところということで。今のキャンペーンだと3か月99円で聴き放題でかなり安いので、お試しあれ。おすすめです。

Amazon Music Unlimited 【1/4まで3か月間99円で音楽聴き放題】

第八回の今回はEtienne M’ Bappe(エティエンヌ・ムバッペ)です。

レジェンドジャズミュージシャン、ジョン・マクラフリンのステージでの超絶ベースソロです。文字通り超絶。彼はカメルーンの出身で、ジョン・マクラフリンの他にもザビヌル・シンジゲートなどでの演奏もよく知られています。同郷のリチャード・ボナは非常に有名なベーシストですが、彼の先輩に当たるわけですね。

1978年から1983年までフランスのChevilly音楽院でクラシックギターとクラシックコントラバスを学び、その後の活動ではルーツであるアフリカ音楽やファンク、ロック、ジャズ、クラシックをとり込んだ自由でパワフルなサウンド、美しいボーカルハーモニーで非常に高く評価されています。演奏を見ていると黒い手袋をしているのがわかりますが、これは手汗などの汚れから弦を守るためだとのことです。

機材は近年はカナダ製のF-Bassをメインに使っているようです。F-Bassは他にアラン・カロン、アドリアン・フェローなどが愛用していることで知られるハイエンドベースブランドです。

フラッグシップモデルであるBN5の他に、アランカロンモデルであるACも愛用しているようです。

余談ですがF-Bassはオリジナルの弦も出していて、これが結構良いです。エクスポーズドコアといって駒に乗る部分がテーパードよりもさらに細くなった構造をしており、全体のバランスに優れた弦です。

Amazon Music Unlimited 【1/4まで3か月間99円で音楽聴き放題】

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!