Epiphone Embassy Pro Bass をリリース! 60年代のプロダクトをモダンアップデート!

概要

Epiphoneは先日のクラシックスタイルのサンダーバードEpiphone Thunderbird Vintage Pro Bass)の発表と同時にEmbassy Pro Bassを発表。

これはエピフォンがギブソンに加わって60周年ということを記念したモデルです。当然ですがマホガニーをネックとボディに使い、より取り回しの良いように”Rebalanced”されています。

新たに開発されたPro Bucker #760 Bass Hambuckersが搭載され、ブリッジはチューンオーマチックにビンテージスタイルのテールピース。

ペグは2対2のレイアウトに変更されており、エピフォンによるとこれはより良いバランスを得るためとのこと。

ミディアムジャンボで22フレット仕様、ロッドは2way、バランサーを使ったコントロール、随所に現代的なスペックが見受けられますね。

カラーはAntique Ivory(AI)、Dark Cherry(DC)、Ebony(EB)をラインナップ。

価格は$399~$599程度になるようです。

ビデオ

クラシックスタイルのサンダーバードも
Epiphone Thunderbird Vintage Pro Bass をリリース!クラシックスタイルをリバイバル!

スペック

Body Material: Mahogany
Neck Material: Mahogany
Neck Shape: 1960’s SlimTaper-D profile
Neck Joint: Glued-In, Set Neck
Scale Length: 34″
Headstock: Sloped Dovewing with pearloid “Epiphone” logo
Frets: 22 medium jumbo
Truss Rod: 2-way Adjustable
Truss Rod Cover: 2-layer (Black/White) with printed “E” in white
Fingerboard Radius: 12″
Fingerboard Inlay: pearloid “Dot” inlays
Nut: Artificial Bone
Nut Width: 1.625″
Pickguard: Antique Ivory Color = 3-layer (Black/White/Black) Dark Cherry & Ebony Color = (White/Black/White)
Hardware: Nickel
Machine Heads: Premium Die-Cast Bass; 17-1 ratio
Neck Pickup: Epiphone ProBucker Bass #760-2N Humbucker
Bridge Pickup: Epiphone ProBucker Bass #760 1N Humbucker
Controls: Master Volume, Master Tone, Blend
Knobs: Historic Epiphone “Barrel” knobs with metal inserts
Bridge: 1960’s TB-Bass Tune-o-matic; Adjustable
Tailpiece: 1960’s “Claw” Tailpiece
Output Jack: Rim-mounted, “barrel” style; metal
Colors: Antique Ivory (AI), Dark Cherry (DC), Ebony (EB)
Other: “2017” logo on back of headstock

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です