Epiphone Thunderbird Vintage Pro Bass をリリース!クラシックスタイルをリバイバル!

愛(雷)鳥家からかねてより望まれていた、クラシックスタイルのThunderbirdEpiphoneSummer NAMM 2017で発表しました。

モデル名は Thunderbird Vintage Pro Bass カラーはTobbaco Sunburst、Alpine White、Ebonyの3色

クロームのカバードハムバッカーは新開発のPro Bucker #760。アルニコ2で構成され、ワックスでポッティングされ、これらはゴールドのトップハットノブでコントロールされます。

ブリッジはクロームのチューンオーマチックとクローテールピース。

ペグはオープンギアのクローバーペグ。クラシックなハードウェアとカバードのピックアップが相まって非常にトラッドなルックスにまとめられています。ネックシェイプは1960年代のヴィンテージがプロファイルされており、ルックスだけではない本物のリイシュー。

ウッドマテリアルはマホガニーウィングにマホガニー、ウォルナットの7プライネック。もちろんスルーネックです。さらにケースはハードケースが付属し、保証は”Lifetime”

まさに待ち望まれていた仕様のThunderbird。ここのところ動きが激しかったEpiphone、遂に本命が登場です。

価格は実売価格で$600前後、日本円にして約66000円前後。店頭に並ぶのが楽しみなプロダクトです。

ソース:Epiphone

こんなのも出しました。
Epiphone Embassy Pro Bass をリリース! 60年代のプロダクトをモダンアップデート!

人気のレビュー記事

【レビュー】fulltone BASS-DRIVE MOSFET

【レビュー】EBS MultiComp まるで魔法の箱? 通すだけで良い音に

【レビュー】BOSS MS-3 マルチエフェクトスイッチャーがBOSSから登場! 価格 や 機能 まとめ

【レビュー】ZOOM B3の後継機、B3nの機能やB3との違いについて徹底解説!

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!