ハカランダを使ったレスポール”Brazilian Dream”がGibsonから登場 価格は13000USD!! CITES問題に伴い展開はUS国内のみ

ギブソンが新たなスラッシュシグネイチャーレスポール、”Brazilian Dream”を発表。

最大の特徴は何と言っても指板に採用されたブラジリアンローズウッド。ブラジリアンローズウッドは別名ハカランダと呼ばれ、ヴィンテージギターに採用されていたことから非常に高い人気があります。しかし、現在はワシントン条約の通称CITESによって国際間取引が厳しく規制されています。

夢のハカランダ指板ですが、これにより数量は150に絞られ、価格は非常に高価になっており、流通価格は13000USD(日本円で約1480000円)とのこと。

基本的なスペックはヴィンテージのリイシューで、トップハットのノブ、アルミニウムストップテールピースなどのハードウェアはヴィンテージスペック。ピックアップにはアルニコIIIを使用したカスタムバッカーが採用され、コンデンサーには伝統のバンブルビーが使われています。ヘッドの裏にはスラッシュの手作業によりサインが入り、シリアルナンバーが入ります。カラーは”Dark Burst VOS”のみ。トップ材は2ピースのプレーンメイプルです。

このギターに使われているブラジリアンローズッドはCITESにより厳しく規制されているため、販売はアメリカ国内のみで行われるようです。

ソース:Gibson Youtube

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!