エレキベース初心者におすすめの練習曲10選【ハードロック編】

Guns N’ Roses – Welcome To The Jungle

YouTubeの再生回数は脅威の3.1億回という【2019年3月30日現在】これぞハードロックの王道と言うべき名曲といえます。

ベースはシンプルなルート弾きで弾きやすいです。

バンドでコピーする時はボーカルの音域が高いので注意しましょう。

Van Halen – Jump

王道ハードロック感のあるミドルテンポの楽曲です。

シンセサイザーの音がよく効いています。ハードロックなバンドでも、楽しく演奏できるでしょう。

ベースに関してはそれほど難解ではありません。

まずはテンポを少し落として、きっちりとコピーしてみたいですね。

Nirvana – Smells Like Teen Spirit

ベースの動きはゆったりとしているため、初心者でも弾けます。

ただ、アップテンポではない分、ミスをすると目立つので、丁寧に弾くことが求められる楽曲です。

展開が激しく弾き応えがあるので、初心者の方がニュアンスをつかむのにはぴったりでしょう。

AC/DC – Thunderstruck

簡単なルート弾きで演奏できます。

フレーズ自体は初心者でも弾くことができるので、ノリやグルーヴをつかむのにぴったりではないでしょうか。

ボーカルと、ツインギターの掛け合い、ドラムも良くマッチしており、バンドで演奏すると楽しいこと間違いなしです。

Led Zeppelin – Rock And Roll

ロックンロールという曲らしく、シンプルなベースラインです。

ルート弾きがメインとなっていて、初心者でも弾きやすいはずです。

美しいメロディーラインにどうベースラインをあてるか、そんなところまで考えて弾けたらもはや初心者の域ではありません!

Deep Purple-Burn

ベースはテンポはゆったり、ルート弾き+αくらいで初心者でも弾きやすいです。

ただし、シンプルな曲なだけにかっこよく弾きこなすには、練習をしっかりすることが求められます。

しかし、何より有名な名曲なので、弾いていて楽しいのはメリットと言えるでしょう。

Aerosmith – I Don’t Want to Miss a Thing

壮大な宇宙の映像から始まるPVが印象的な、ハードロックの名バラードです。

テンポはかなりゆっくりしているため、1つひとつの音に気持ちを込めて、じっくりと演奏したいですね。

エモーショナルな楽曲です。

Bon Jovi – Born To Be My Baby

Born To Be My Baby 、つまりあなたの恋人になるために生まれてきたんだ、という熱烈かつ直球なラブソングです。

ベースはルート弾きメがインなので、奏法自体はシンプル、いかにノリを出すかというポイントを意識しましょう。

アップテンポなので弾いていて気分が上がること間違いなしです。

EARTH SHAKER -MORE

日本のハードロック界の名曲の一つと言える、EARTH SHAKER のMORE。

バンドとしてのグルーヴを感じながらかっこよく弾きこなせれば、この上ない快感が味わえるでしょう。

曲自体もベースも比較的ゆったりしているので、魂を込めて音を鳴らしたいものです。

SHOW-YA / ショーヤ – FAIRY

全員演奏力が高い、実力派女性ハードロックバンドです。

ベースはルート弾きメインですが、少しテンポが速いです。しかし、初心者でも全く弾けないほどではないので、挑戦する価値はあります。スキルアップにおすすめです。

まとめ

以上初心者でも弾ける、ハードロックおすすめ10曲選、でした。

どの曲も本当に良い曲で尚且つ難易度もすごく難しい曲はないのでレベルアップを図るためにうってつけの曲です。

初心者の方が楽しいベーシストライフを送れますように!

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!