【レビュー】aguilar TONE HAMMER 高性能プリアンプの実力

サウンドの根幹を強化するプリアンプは、今や音作りにこだわるベーシストの必須アイテム。市場は盛り上がりを見せており、近年ではアンプメーカー自らが開発したプリアンプの登場により、なじみのあるアンプのカラーを手軽に取り入れられるツールとしても注目されています。

今回はベースアンプやアクティブサーキットなどで定評のあるAGUILARよりTONE HAMMERをレビューします。

目次

  • ナチュラル&ハイパワーなAGUILARサウンド
  • 周波数帯域がコントロール可能なフリケンシー付きのMID
  • クリーンと歪の2チャンネル仕様
  • アンプヘッドと同じ感覚でラインの音色を操作
  • 注意点:18Vの電源
  • まとめ
  • 仕様補足

ナチュラル&ハイパワーなAGUILARサウンド

豊かなローエンド~ミドルレンジに支えられたパワフルなAGUILARサウンドがTONE HAMMERを使うことで手軽に取り入れられます。通すだけで音に艶が出て抜けが良くなり、アンサンブルをどっしりと支えながら存在感のあるベースサウンドを作り出すことができます。

周波数帯域がコントロール可能なフリケンシー付きのMID

ベーシストが音作りにこだわるポイントの一つ、それはズバリ“ミドル”でしょう。ベース音のコシ、軸、音抜け、キャラクター付けなど様々な意味合いを持つミドル。TONE HAMMERではMID FREQにより任意の帯域(180Hz1 kHz)を設定して、MID LEVEL±17dBブースト/カットします。ベーシストによって好みの音はそれぞれ、ライブ会場によってハマる帯域も違うのでミドルEQのフリーケンシーが搭載されているのは心強いですね。

またBASS40HzTREBLE4kHz±18dBブースト/カットします。MIDを含めた3 BAND EQはブーストカットの幅を大きめに取ったデザインですね。TONE HAMMERは原音に忠実な音が基本ですが、効きの良いEQによる積極的な音作りも可能。この使い勝手の良さは魅力的です。

Geek IN Boxが販売する厳選されたエフェクターはコチラ

クリーンと歪の2チャンネル仕様

1台で2度美味しい(?)クリーンと歪みの2チャンネル仕様となっています。この2チャンネルの仕様はMXR M80 Bass D.I.+をはじめAMPEGSCR-DIなどベース用プリアンプ/DIの新たな定番と言えるしょう。

AGS(Adaptive Gain Shaping circuitry)ONにしてゲインを上げることで徐々に音が歪みだし、モダンで温かみのあるオーバードライブが得られます。歪みのキャラクターとしてはローゲインではウォーム、ハイゲインではメリハリのあるトーンが得られます。アンサンブルの中でナチュラルに使うのか、ベースソロのような目立つ場面で使うのか、目的に合ったサウンドを作る事が出来ます。

ちなみにプリアンプの仕様が全く同じアンプヘッド、TONE HAMMER 350でも同じ様に歪サウンドが作れますが、クリーンとの切替スイッチはありません。そう言った意味でもプリアンプ/DITONE HAMMERは歪サウンドをON/OFFで切り替えできるため、ライブやスタジオでの演奏性に優れていると言えます。

アンプヘッドと同じ感覚でラインの音色を操作

ベースレコーディングではアンプの音をマイクで収音することは稀で、現在ではほどんどがライン録音。そのためアンプヘッドでの音作りに慣れているベーシストがラインの音作りに苦戦していることをよく耳にします。そんな方でもTONE HAMMERなら、AGUILARのアンプのカラーを反映させてそのままライン出力ができます。

1/4標準PHONE OUTXLR OUTを完備。PRE/POSTスイッチを操作しPOSTにすればAGSEQを通った信号が出力されます。またPREすればAGSEQの前のサウンドが出力されるため、原音に忠実なサウンドを送ることもできます。

注意点:18Vの電源

通常のエフェクターは9V電源が主流でなために一般的なパワーサプライは9Vに対応しますが、TONE HAMMERは18V仕様です。そのため、18Vに対応しないパワーサプライではTONE HAMMERには電源を供給ができないので注意が必要です。とは言え、9V電池2 or ファンタム電源 or 専用電源アダプター(TONE HAMMER ADAPTER(別売))のいづれかで駆動するため、電源の選択肢は広いです。

9Vの電池はエフェクター以外にもアクティブタイプのベースやメトロノームにも使うため、バンドマンが常備しているアイテムであるし、ミキサーやオーディオインターフェースからファンタム電源を供給できるため、レコーディングや宅録などでも困ることはないでしょう。

18V電源を採用することにより、ヘッドルームやレンジ感は広くなっているので情報量は多く、よりクリアな低音が得られています。

まとめ

以上となりますが、いかがでしょうか。

音作りを強化するプリアンプとしても、ライン出力をするDIとしてもTONE HAMMERはポテンシャルの高いアイテムです。スタジオやライブハウスではAMPEGHARTKEが常設していることが多いため、TONE HAMMERを持っていれば場所を選ばすAGUILARのサウンドを出すことができます。

プリアンプの購入を検討している方は是非一度TONE HAMMERを試してみてください。

仕様補足

ENGAGETONE HAMMERON/OFF

GROUND LIFT SWITCH

参考価格:¥22,130(税抜)

Geek IN BoxでAguilar TONE HAMMERやその他エフェクターを販売中!→CLICK

人気のレビュー記事

【レビュー】fulltone BASS-DRIVE MOSFET

【レビュー】EBS MultiComp まるで魔法の箱? 通すだけで良い音に

【レビュー】BOSS MS-3 マルチエフェクトスイッチャーがBOSSから登場! 価格 や 機能 まとめ

【レビュー】ZOOM B3の後継機、B3nの機能やB3との違いについて徹底解説!

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!