2020 summer NAMM, 2021 winter NAMMが中止。Believe in music weekの開催を発表。

毎年夏と冬に行われてきた世界最大のギターショウ、NAMM showが2020 summer NAMMに続いて2021 winter NAMMも中止になることが発表されました。
NAMM showはカリフォルニアにて開催される、ギター、ベース、ドラム、管楽器、デジタル音楽機器などの新製品が発表されるイベントで、多くの楽器関係者、ミュージシャンが参加しています。

中止の原因はCovid-19(コロナウイルス)の影響を考慮したもので、NAMMメンバーの健康や人命を優先した結果です。
その代わりに、1/18の週にBelieve in music weekをデジタルで開催することがあわせて発表されました。

Believe in musicでは新製品の発表やアーティストによるパフォーマンスがデジタル配信で行われるものだと思われます。
既にYAMAHAなどの企業がこれを支援することを決めています。

ソース:Believe in Music Week




大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!