ジミ・ヘンドリックスが1960年代に使用した日本製ギターが約1920万円で落札される

ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)が1960年代初期に使用した日本製のノーブランド(ヘッドにブランド名なし)のギターがGWSオークションで18万ドル(約1920万円)で落札されました。
開始価格は5万ドルで、履歴を見ると13万ドル以降は2人の限られた入札者によるデッドヒートだったようです。

このギターが演奏され始めたのは1962年。
その後、アメリカ南部を中心にしてライブツアーの多くで使用されたようです。
1966年頃まで使用された後に友人に譲り、彼の弟であるレオン・ヘンドリックスが数年後にもそれを見ています。

レオン・ヘンドリックスのインタビュー

ソース:Jimi Hendrix Early 1960s Japanese Electric Guitar Auction | Kruse GWS Auctions

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!