メイプル指板のギターのリフレット、再塗装を行いました。

メイプル指板は塗装がされているために、リフレットをするために必要な作業が多いです。

こちらがオリジナルの指板です。
弾きこまれており、またすり合わせも何度か行われているようでフレットの高さが持ち主の方の要望に応えられるものではありませんでした。
抜きます。

必要以上に指板面にダメージを与えないように気をつける必要があります。

フレットを取り外したのちに、指板面を整えます。
トラスロッドの効き幅も確保できるように、仕上がりをイメージしながら。

下地を整えたら塗装に入ります。
指板面と、ネック部分のカラーをある程度合わせます。

のちに、トップコートを吹いてグロスに仕上げます。

仕上がったネックにフレットを打ち込んでいきます。
ちなみに塗装とフレッティングの順番はケースによって前後します。

フレットの浮きなどの問題が出ないように細心の注意を払います。

フレットを取り付けたあと、弦が振動するのに適切なスペースが生まれるよう、フレットをすり合わせます。
指板面で最適な形状に仕上げているため、この段階でのすり合わせは最小限です。

完了したネックです。こちらにナットを取り付けて、組み込みます。

フレット同様、丁寧に仕上げます。

完了です。

修理の問い合わせについてはこちら

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!