リフレット修理事例 Fender JB 料金や修理内容について

Fender製ジャズベースのリフレットのご依頼を受けました。
トラスロッドがいっぱい、ネックねじれがひどい、フレットがすり減った、などの状態を改善するためにリフレットは行います。

修理内容

お預かり頂いたベースネックはこちら。

フレットには摩耗が見られます。

この摩耗を改善するだけであればすり合わせフレット整形を行えば問題ありませんが、今回はネックねじれトラスロッドの残り具合なども考慮してリフレットを行います。

まずはフレットを取り除きます。
どうしても指板面は荒れてしまうので、トラスロッドネックの状態を見ながらデフォルトの状態を作ります。

この指板調整を丁寧に行うことで、仕上がりの質が大きく変わり、楽器の寿命も伸びます。

丁寧にフレットを打ち込んだ後にはすり合わせを行います。
指板面で美しいシェイプを作っても、この作業は必ず必要です。
また、指板を大きく削ることが難しい場合に背の高いフレットを使ってフレットの上でシェイプを整えることもあります。

完了後、マスキングテープをはがしてオイルアップ。

ナット溝の高さは基本的にフレットの高さに合わせて作るため、多くの場合はナット交換も必要です。
今回のケースでもナットは作り直しました。

フレットのエッジ部分や指板のエッジ部分は丁寧に処理をしているので弾き心地はスムース。
美しく仕上がりました。

料金

今回のケースで行った施工内容は下記の通りです。

  • フレット交換(リフレット)
  • ナット交換
  • セットアップ

料金は合計で51600円(税込56760円)でした。

お問い合わせ

GIBへのリペアについてはこちらからお問い合わせをお願いいたします。

CONTACT



大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!