折れてしまったブリッジビスの救出と、ダボ埋めについて

古いベースやギターでは、ビスが折れてしまうことがよくあります。
今回はそんなトラブルの典型的なパターンで、ブリッジを取り付けるためのビスが外す際に折れて、中に残ってしまいました。

これは非常に厄介で、専用の工具がなければ取り出せません。
しかも、ブリッジは弦の力が大きくかかるので適切な取り付けを行う必要があります。

この工具を使って

これが

こうなって

こうなって取り出します。

取り出したビスはボロボロです。
昔の粗悪なビスだとこのような状態になってしまうことが度々あります。

新たにブリッジを取り付けるためのビス穴を用意する必要があります。

正確に穴を一旦開け直して

下穴サイズにぴったりのサイズの木材を作り、埋めます。
当然このままだと木材が飛び出ているので、ならします。

ここまできたら、あとは新たなブリッジに合わせて下穴を開け直し、取り付けるだけですね。

本来であればビス穴はそのままでブリッジを交換できるはずが、ビスの不具合によってこのように煩雑な作業が必要になってしまいました。
特にこういった場合は専門家にご相談をいただくのがベストだと思います。

問い合わせはこちら

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!