Seymour Duncan アナログファズシンセペダル FOOZ を発表

ピックアップメーカーとして高名なセイモアダンカンが、全ての楽器に対応するアナログファズシンセペダル、FOOZを発表しました。実際のアナログシンセサイザーはオシレーター、フィルター、LFO、エンベロープフィルターといった様々な回路を使ってサウンドを形成しますが、それらを1つに詰め込んだものがFOOZです。

コントロールは非常に多彩。LFOのためのDEPTH、SPEED、WAVE、SHAPE、ワウのためのSENS、ファズのLEVEL、GAIN、フィルターのFREQ、RESONANCE、などといった一通りのコントロールを備えています。

外部のエクスプレッションペダルを追加して、それにあらゆるコントロールを割り当てることが可能。

価格は349USD、1度試してみたいプロダクトです。

大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。

More columns

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!