シカゴのSerek Bassesがパッシブファズ搭載のショートスケールモデルTHE GRANDをリリース

アメリカ・シカゴ発のハンドメイドブランドSerek Bassesから新たなショートスケールモデルがリリースされました。

THE GRANDは短いスケール、TV JONESピックアップ、パッシブファズ、HIPSHOTハードウェアを搭載した、本格派モデルです。

オンボードのパッシブファズサーキットはミニスイッチによってオン/オフを切り替えます。
パッシブという文字通り、この回路にはバッテリーを必要としません。

ピックアップにはTV Jones Thunder Bladeを搭載します。
ノイズの少ないハムバッキング構造で、太くウォームなサウンドを出力します。

TV Joneseはご存知の通り、グレッチが採用していることで有名なピックアップです。
日本ではギター用のモデルが有名ですが、ベース用のモデルも欧米では高く評価されています。

基本的にネック材にはローステッドメイプルを採用しています。
安定性と頑丈なトーンはこのモデルに最適なもののようです。

塗装はニトロセルロースラッカー、ブリッジ、ペグはHIPSHOTと本格的なスペック。
それでありながら価格は1850USDと安価に抑えられています。

  • 30.5” Scale Length
  • Roasted Maple Bolt-On Neck
  • Chechen Fingerboard
  • Poplar Body
  • TV Jones Thunder’Blade Pickup
  • Serek “Skuzz Serkit” – Onboard Fuzz Effect
  • Hipshot USA Hardware
  • Nitrocellulose Finish
  • Made in Chicago
  • Approx. Weight: 3.4kg
  • Heavy Duty Gig Bag Included

ソース:Serek basses




大手楽器店での販売、修理業務やプロベーシストのローディー経験の後に海外向けの小売業に従事。その後ベースショップGeek IN Boxを立ち上げ、現在はGeek IN Boxの運営の他にベースマガジンなどでの執筆を多数担当。Twitter : @SAxGA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGeek IN Boxをフォローしよう!